株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史

アクセスカウンタ

zoom RSS 連休を控え処分売りが出るか、悩まして展開へ

<<   作成日時 : 2016/04/25 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

大型連休を控え、個人投資家にとっては、悩ましい期間に突入した。世界の市場が超高速取引の影響もあり、投機化し乱高下相場が続いているからだ。とりわけ信用取引をしている投資家は、のんびりとしているわけにはいかない。

世界経済が減速している中で、いつテロや大地震が襲ってくるかわからない。世界的な大事件が起きても、連休中は対応できない。その付けは、連休明け後に集中的に襲ってくるかもしれない。
 コンピュータを駆使した超高速取引では、ヘッジファンドなどの大手投資家が、同じようなプログラムを組成しているので、悪材料が出ると一斉に売りに回る。数分にして大暴落を演じ、その後には、瞬間暴騰となるケースは、今や珍しくない。

例え大引けの値が、前日比で変わらずだとしても、場中で暴落を演じていれば、追証が発生する投資家もいる。終値しか見ない信用の投資家はいないだろうが、場中の動きを知らず、追証が必要になっていることも知らなければ、証券会社に処分売りをされてしまうかもしれない。

「一寸先は闇」「一分先は闇」なのが現在の市場だ。
その様な市場環境下では、「宵越しの株は持たない」、すなわち短期勝負に徹するほかはないのだが、信用取引をしている人は、連休前、4月25日の週は、どのような行動をとるだろうか。一般には、処分できるものは処分して、身軽になっておこうと考えるだろう。だから、信用の買い残が多めの銘柄には、手を出すべきではないだろう。

先週の22日、金曜日は、TOPIXの終値は前日比13.82ポイント(1%)高の1407.50、日経平均株価は208円87銭(1.2%)高の1万7572円49銭と1万5000円台を回復した。
これまで2兆円前後だった東証1部に売買代金は、売買代金は2兆7889億円と膨らんだ。また、売買高は30億1111万株と2月16日以来、ほぼ2カ月ぶりの30億株乗せとなった。

寄り付き後はマイナス圏に沈んでいたが、後場にプラスへと転じたが、その買い材利は、日銀による追加緩和期待だ。外人の先物主導で上昇したわけだが、27〜28日に開かれる日銀の金融政策決定会合で、本当に追加緩和の方針が決まるのか。

決まれば、2月1日の日経平均17905円を抜いて、1.8万円をうかがう勢いを見せるかもしれない。
しかし、想定為替レート、117円を超えて200円に近付かねば、円安想定下で下駄をはいた企業の今期業績予想は、厳しいものとなる。とてもではないが、上値を追いかけるような状況ではない。

そして、政府、日銀は、7月の選挙前には、株高を演出したいところだろう。まだ、早いのだ。日銀がETFを大量に買い込んで買い支えをするといった観測も出ているが、それらの外資系証券などの観測は、投資家に期待感をもちせるためのやらせの臭いがプンプンとする。
日銀の政策決定会合で、何もサプライズがなければ、失望売りとなろう。失望売りを誘うために、楽観論を振りまく。
楽観させた後、失望させるのは、いつものことだ。

とはいえ外人投資家は、今年1月第1週から3月の第5週まで連続13週間も売り越しだった。1月から3月までの売り越し額は、5兆円を突破している。
ところが、4月第1週から、わずかばかりだが買い越しに転じている。

外人投資家が、方針転換ととらえる向きもあるが、7月の選挙をにらみ、日銀や年金資金による株価買い支えを読んだ上での作戦かもしれない。

なお、4月17日の産油国による原油増の凍結案は合意に至らず、需給関係は再び悪化すると見られているが、それでも、会合後の原油先物は、堅調に推移している。
4月は、シェールオイルや資源関連企業と銀行が、融資枠の削減について交渉している。

昨年から、JPモルガンやBOAなどの大手銀行は、貸し倒れ積みあて金は増額しているが、多少の原油高となっても、損益分岐点の高いシェール関連企業の破綻は、昨年以上となろう。
それは、地方の中堅以下の銀行を直撃することになろう。
原油先物もまた、虚飾にまみれている。

イエレンFRB議長が、利上げに慎重な理由の一つとして、「原油問題」を上げているが、シェールブームに沸いた米国は、そのツケを払わざるを得ないだろう。
この件については、サウジの思惑などを含めて、別項で書きたいと考えている。

いずれにしろ、タックスヘイブンへの規制を含めて、世界の投機資金は、大きくその流れを変えようとしている。

「1分先は闇」の世界は、ますます深まっていく。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
連休を控え処分売りが出るか、悩まして展開へ 株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる