株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史

アクセスカウンタ

zoom RSS 田母神疑惑にチャンネル桜に責任はないのか

<<   作成日時 : 2015/02/23 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

元航空幕僚長で先の都知事選、衆院選に立候補した田母神俊雄氏の選挙事務所で会計責任者による多額の使途不明金、横領が発覚し注目されている。2月19日、田母神氏は記者会見を開き、事の経緯を説明したが、真相究明には程遠いものだった。

記者会見の模様は、チャンネル桜で水島社長の解説入りで放送されている。2回見たが、ことを穏便に処理しようとしているとの印象を強くした。会計責任者は、田母神氏の先輩である事務局長が連れてきたという。そして、頻繁に赤坂の高級コリアンクラブで散在したという。

現在、会計責任者に弁済計画書を作成させ、弁済が不可能ならば刑事告発するという。逆に言えば、弁済計画を認めれば、告発はせず、ことを穏便に済ませようとしている、ということだろう。
そもそも、コリアンクラブへ行ったのは、会計責任者だけでなく、事務局長も一緒だったということであり、あるいは田母神氏も一緒だったのかもしれない、と考えるのが常識的だろう。

田母神氏の弁護士は、1000万円ぐらいの弁済は可能で、残りは長期弁済になりそうだと発言していたが、遊興費などで使った関係者が資金をねん出して、とりあえずは告訴を見送りほとぼりが冷めるのを待つ、との計算なのか。
会計責任者は、事務局長が連れてきたということなので、その指示には逆らえない。とりあえずは、会計責任者に全責任を押し付けるが、告発はしないとの密約になっているのかもしれない。しかし、果たして、「穏便」に事を処理できるだろうか。

昔、大蔵省の官僚などが「ノーパンしゃぶしゃぶ」出入りしいたことから、大蔵省バッシングが強まり、実質機能停止状態となり、其れが市場低迷の理由ともなったことがある。
また、同時に証券会社などの総会屋との関与も明るみに出て、野村などの証券会社の幹部たちが、多数辞任したもの。

「ノーパンしゃぶしゃぶ」の件では、店側から情報が漏れていたとも言われている。今回も、コリアンクラブから、様々な情報が流される可能性もある。また、ハニートラップなどもあり、軍事情報の漏えいを強要されていた可能性もあろう。反中、反韓を唱えてきた田母神氏は、両国にとり歓迎すべからざる存在だ。あまりに脇が甘いというほかはないが、ことを穏便に処理すると田母神氏が考えているとしたら、あまりに甘い見通しと言わざるを得ない。そして、これらのことについては、米国情報部も承知していることだろう。

そもそも、田母神氏は、政治理念として「日本人の、日本人による、日本人のための政治」を実現すると主張するとともに、「我が国の国柄を体した自主憲法を制定する。」「自衛隊を国防軍にし、米国に守ってもらう体制から自分の国は自分で守る体制の整備に努める。」と標榜してきた。

米国にすれば、親中派の鳩山元首相や小沢一郎に不快感を持っていただろうが、田母神氏も危険人物としてマークされていた可能性もある。田母神事務所が会計責任者を告訴しないのならば、別件での調査となるかもしれない。

そして、このような人物を都知事選に担ぎ出し、一時は「がんばれニッポンの代表」とした水島社長にも責任があろう。
いずれにしろ、選挙資金に使ってくれと寄付した人たちや選挙支援に手弁当で応援した人たちは詐欺にあったようなものだ。チャンネル桜は、寄付金を募っているが、馬鹿らしいと感じた人は多いだろう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
田母神疑惑にチャンネル桜に責任はないのか 株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる