株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国関連株が大幅高だが、一寸先は闇か

<<   作成日時 : 2014/11/25 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


11月25日の東京市場は、もみあい症状といったところだった。日経平均は、50円高、0.29%の上昇率で17407円。選挙で自民党が圧勝すれば、年内に19000円もあり得るなどといった強気見通しを唱えるアナリストもいるが、多くの国民が突然の選挙に対して、反感をもっており、果たして、自民圧勝となるかは不透明だ。投票率は、かなり低くなるかもしれない。

選挙前ということと、日経平均が17500円に接近すれば、とりあえずは利食い、と判断する投資家が多いのは当然だろう。
しかし、このような環境下でも、中国の利下げもあり、中国経済の回復期待が高まり、中国関連銘柄は堅調だ。25日、ダイキンは5.09%の大幅高となったが、ペガサスミシンが5.54%、日立建機が4.5%、コマツが3.5%と大幅上昇銘柄が、相次いだ。

中国経済の減速、また、バブル崩壊から中国関連は売られてきたので、それだけに逆に期待も大きい、ということだろう。上海市場が活況なのも、支援材料となっていよう。

しかし、中国が本当に、再び高度成長へと転換するとみている投資家は、ほとんどいないだろう。再び、土木、建設中心の経済成長を達成することは不可能だ。誰も住まない投機用の高層ビル「鬼城」が林立し、売り逃げようとしても、買い手不在で取引が成立しないという。
いわば、投げ売りさえできない状況だ。取引が成立すれば、不動産の下落率は、さらに大きくなるだろう。

そして、やがて西アフリカで猛威をふるっているエボラ出血熱が中国を大混乱に陥れるだろう。
中国当局は、「中国には、エボラ感染者はいない」と主張している。
だが、中国人だけでなく、中国当局の発表など、統計数字や、各種発表と同様に信じる者はいない。
最近、海南省で大規模な暴動が起きて警察車両など10台以上が横転、破壊されたという。その状況写真が、ネット上に流れもした。

では、なぜ、暴動が起きたのか。それは、大規模な隔離施設を建設しようとしたからではないのか、と見られている。
詳細については、他日に書くつもりだが、中国が大混乱となる可能性は高い。

中国関連は、深入りせず、さっさと利食いして逃げるのが賢明だろう。
中国が大混乱となれば、中国関連は、売りに転換するからだ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国関連株が大幅高だが、一寸先は闇か 株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる