株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史

アクセスカウンタ

zoom RSS NYダウが大幅下落、世界的波乱の始まりか

<<   作成日時 : 2014/10/10 05:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


日本時間の午前4時16分現在、NYダウは、−336.10の大幅安で16,658.12ドルとなっている。率にして −1.98%。 S&P 500種も −38.66の−1.96%の下落となっている。

IMFは、世界的に株式市場にはバブルの要素があると指摘してきたが、米国の波乱が世界に伝播するのか注目される。
ウクライナやイラク、シリア、トルコなどの地政学的リスクがあるうえに、エボラ出血熱は拡大を続けている。世界経済の減速感が強まっている。売り叩き派が、暗躍する可能性もある。

また、北朝鮮の金正恩第一書記が9月3日以来、公式の場に現れないことから、クーデター、暗殺、重病説など様々な観測が流れている。病気だとしても、重要イベントも欠席しているため、痛風や糖尿病程度ではなく、心臓病なのではないのかともみられている。海外から心臓病の専門医が訪朝しているとの報道もある。

もし、北朝鮮が混乱することになれば、韓国市場が波乱に見舞われるだけでなく、外人投資家から見れば、日本は隣国なので、日本の地政学的リスクを指摘する声が出てこないとも限らない。

今日10月10日は、北朝鮮の労働党の党建設の記念日だ。金正恩は、毎年出席するとともに、金日成、金正日の死体の安置場所へ出向き、参拝している。それさえも欠席するとなれば、「重大問題」を抱えているということになる。

なお、大紀元は「北朝鮮、金正恩第一書記専用機、北京に出現」(10月8日)と題して中国でクーデター説が飛び交っていると報じている。また、中国人パイロットが撮影してネット上に掲載した専用機の写真を転載している。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NYダウが大幅下落、世界的波乱の始まりか 株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる