株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史

アクセスカウンタ

zoom RSS 「テ`ング熱」でフマキラーがストップ高

<<   作成日時 : 2014/09/01 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


新たに「テ`ング熱」の感染者が現れたとの報道で、殺虫剤のフマキラーの株価が、急騰を続けている。今日9月1日、ストップ高の80円高の430円まで急騰した後、一時軟化する場面もあったが、新たな感染者が現れたとの報道で、再び、買い物が殺到し、14時現在、株価は430円で張り付いている。

「テ`ング熱」は蚊が感染源となるとして殺虫剤の同社の株価が急騰したわけだが、殺虫剤が大量に売れて業績向上に寄与するとも思えないので、中外製薬とおなじような軌跡を描くことになるのかもしれない。

年初来安値は286円で、8月末までは、300円前後が定位置で、横ばいだった。
株価430円で連結PERは、約 33倍 、連結PBR 2.13倍。
「テング熱」の材料がなければ、食指の動くような銘柄ではない。

もっとも、ほとんどの投資家が、フマキラーを長期保有しようと考えているわけではなかろう。14時15分で東証一部の売買代金は約1兆円。この分では、1,5兆円にさえ届かないようだ。
出来高上位には、ラオックスやユニチカなど低位のぼろ株が顔をそろえているが、それでも、出来高は約14億株と少ない。
証券会社も投資家も、開店休業のような状況だ。

市場エネルギーが小さいので、主力の大型株は時様称しない。そのため、中小型株を狙うほかはない。
末尾に、前場でストップ高を演じた銘柄を掲載しておくが、一体、買い材料はなんだろうと首をかしげたくなる銘柄も多い。
現在の市場参加者は、バクチと割り切っているので、買い材料の信ぴょう性などはねどうでもいいということだろう。
短期で、株価が2倍、3倍となった銘柄もあるが、みな、超短期と割り切っているので、ご注意をーー。頭を打ったと見れば、空売りをかけてくるので、火傷を負う投資家も出てくるだろう。

きょうのストップ高銘柄=9月1日前場―18銘柄(気配含まず/一時含む)
高田工<1966.T>
ネクステージ<3186.T>
KFC<3420.T>
アクロディア<3823.T>
神島化工<4026.T>
DWTI<4576.T>
フォーカス<4662.T>
日本エンタ<4829.T>
フマキラー<4998.T>
朝日ラバー<5162.T>
日本興業<5279.T>
横田製作所<6248.T>
大泉製<6618.T>
メディアGL<6659.T>
サン電子<6736.T>
橋本総業<7570.T>
カーディナル<7855.T>
イーストン<9995.T>



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「テ`ング熱」でフマキラーがストップ高 株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる