株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史

アクセスカウンタ

zoom RSS 急騰直後に急落、中外薬株で投資家は騙されたのか

<<   作成日時 : 2014/08/20 21:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


画像

「いったい、どうなっているんですかね。騙しだとしたら、一体、誰が仕組んだのか」
 中外製薬の株を巡り、投資家の不信感が高まっている。知り合いの投資家は、すぐ損切りしたとのこととだが、中外製薬の株価の動きに疑問を感じている。そして、さらに下落すれば、信用で買った投資家は、追証を恐れて投げ売りするかもしれない。それがさらに株価下落となる悪循環となる可能性もある。

浮動株が少なく、一日の出来高も100万株を超えるのは時々で、7月までは、7−80万株もあれば御の字だった。株価も1月28日が年初来安値の2107円。その後、上昇したが、それでも、2000円台で、3000円台に乗せたのが7月23日の3010円だった。予想一株利益は82.19円。PERは、15〜16倍が普通だが、20倍だとしても、株価は1700円弱が妥当値だ。

8月18日、中外株は、一時はストップ高で700円高の4015円まで急騰。出来高は1751万株。前営業日の8月15日は81万株の出来高だったので、買い物が殺到して、午前10時過ぎまで寄り付かないほどだった。売買代金は、東証一部のトップ、多くの投資家が大枚をはたいて購入した。

始値がストップ高の4015円だから、この日に買ったほとんどの投資家は評価損を被った。
それにしても、買い物が殺到したということは、反面、売りに回った投資家もそれだけ多い、ということでもある。一体、誰が売ったのか。

中外の上位大株主は、以下のとおり、(会社四季報、13年12月末)
[単位は、 万株]
株主名 持株数・持株比率(%)
ロシュ・ホールディング 33,522(59.8)
日本マスター信託口 1,609 (2.8)
自社(自己株口) 1,494 (2.6)
日本トラスティ信託口 1,249 (2.2)
野村證券 442 (0.7)
東京海上日動火災 378 (0.6)
自社社員持株会 359 (0.6)
BNPパリバ証券 351 (0.6)
ドイツ証券 336 (0.6)
住友生命保険 300 (0.5)

<外国>75.9% <浮動株>3.0% <投信>4.5% <特定株>71.7%

発行株式数は、5億5968万だから、浮動株が3%だとすれば、約1650万株で、18日は、それ以上の株が売買されたことになる。
買い物が殺到したのは、親会社の大手製薬メーカー・ロシュが約40%の株を買い増して、完全子会社化を図るとの報道を受けたもの。
だから、株価が上昇するとみるのが常識的判断。初日から空売りをかける投資家はいなかっただろう。では、誰が売ったのか、との疑問が出てくる。そして、仕組まれたものだとすれば、一体誰が、との疑念もわいてくる。

ところで、ことの発端は、終戦記念日の15日、金曜日の大引け後にブルームバーグが、「ロシュ中外薬株の未保有分100億ドルでの取得へ協議中 」とのタイトルで、次のように報じたこと。
 「がん治療薬最大手、スイスのロシュ・ホールディングは、傘下の中外製薬の株式未保有分約40%を取得し完全子会社にする方向で協議している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

計画は非公開だとして匿名を条件に語った同関係者らによると、ロシュは中外製薬株の未保有分を約100億ドル(約1兆220億円)で取得する計画。関係者のうち1人は、来週にも合意が発表される可能性があるとした一方で、まだ最終的な決定には至っていないとも述べた。

ロシュの担当者はコメントを避けた。また中外製薬には通常の業務時間終了後に電子メールを送り、留守番電話にもメッセージを残したが、これまでのところ返答はない。
ロシュの年次報告によれば、同社は6月30日時点で中外製薬株を62%保有している。」

これを受けて日経は翌日の16日土曜日に「中外の完全子会社化検討、ロシュ、1兆円で交渉、米通信社報道。」とのタイトルで、ブルームバーグの報道を紹介している。

ブルームバーグの報道には、いくつかの疑問点があるが、15日は、多くの日本企業が休みにしている。まして、「中外製薬には通常の業務時間終了後に電子メールを送り、留守番電話にもメッセージを残したが、これまでのところ返答はない。」としているが、当然だろう。
投資家も、お盆休みで久しぶりの休暇を楽しんだ人も多かろう。日経の記事にしても、土曜日なので見落とした人もいよう。逆に言えば、日本中が休んでいる日を選んだのではないのか、という疑念も浮かぶ。

さらに、中外製薬は、16日の土曜日にホームページの投資家向け情報として、一部の報道について、「現在、当社内でのロシュによる完全子会社化についての検討や、ロシュと当社の間でこのような協議が行われているという事実はない」と否定するコメントを発表した。ロシュの立場に関しても「(ロシュは)同社のポリシーに基づき、市場の噂については一切コメントしない」と説明した。

この件について、日経は17日の日曜日に「完全子会社化、中外製薬が否定、「ロシュが交渉」報道。」と報じたものの、短い記事のため、やはり見落とした人も多いだろう。

しかし、「現在」は、「ロシュ」と「当社」の間で「協議が行われている事実はない」といっても、「将来」は、あるかもしれない、ということなのか。
中外は、この報道を「市場の噂」としているが、れっきとした大手通信社の報道だ。記事中にある「関係者」の話は、でっち上げだというのか。
それならば、中外は、ブルーグバークに抗議したのか。

また、中外はロッシュの完全子会社であり、「当社」と「ロシュ」は、別物ではない。
まして、今年6月の段階では、議決権ベースでロシュは62%を所有している。合併などの重要案件は、株主の3分の2以上の賛成が必要だが、ロシュは、あと5%の賛同者を得れば、合併や上場廃止も決められる。

そもそも、中外とロシュは、「協議」する関係ではなく、ロシュが「指示する」関係だ。
そして、62%もの大株主のいる企業では、他の少数株主の意見は通らない。
現在、米国などの圧力もあり、コーボレート・ガバナンスの強化が叫ばれている。
また、株主の権利の強化も求められている。日本生命などが総会の議案に対して、反対票を投じることもあるとして「物言う株主」としての姿勢を表明したのも、その一環だ。

日本企業の経営姿勢も変わらざるを得ず、大きな転換期に直面している。詳しくは、8月末発売の月刊『エルネオス』に書いたので、興味のある方はお読みいただくとして、中外製薬のような大株主が大量の株式を保有し、浮動株が極端に少ない企業は、上場企業として問題がある。

中外が上場を維持するのであれば、ロシュの持ち株を放出して、一般株主を増やし浮動株を増加させなければならない。それが嫌ならば、100%の完全子会社にして、上場廃止にするほかはない。もし、ブルームバーグの報道のように、株を買いますのならば、株価は安い方がいい。それなのに――。

さて、ここで、ブルームバーグの記事を思い出していただきたい。記事のネタ元は、「事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。」という。

「計画は非公開だとして匿名を条件に語った」というのだから、非公開情報を入手できるのは、ロシュ関係者だと一般的には考える。
しかも、「ロシュは中外製薬株の未保有分を約100億ドル(約1兆220億円)で取得する計画。」と金額まで提示してる。
それでいて、「関係者のうち1人は、来週にも合意が発表される可能性があるとした一方で、まだ最終的な決定には至っていないとも述べた。」

もし、事情に詳しい「関係者」が、ロシュの幹部であれば、会社への裏切り行為だろう。この非公開のはずの計画が報道されれば、中外株の株価が上昇して、買収コストが増加するにきまっているからだ。

発行株式の約40%を1兆2千億円で買い集めるとすれば、一株当たり4500円になる。18日の終値、3825円でさえ連結PERは、約46倍、
 先にも触れたように一株利益で考えれば、中外株の株価は、よくても2000円前後だ。割高の中外株を買えば、ロシュの株主が怒るだろう。
それとも、大株主が、高値で売り逃げようとしたてのか。
一体、なぜ、未定の計画をマスコミに知らせたのか。
一体、誰が儲けたのか。

そう考えれば、株高の時に「早ければ、来週にも発表される可能性」は、限りなくゼロに近いと考えるのが妥当だろう。すでに「来週」である18日の週は、終わろうとしているが―。

18日、多くの投資家は、4015円で購入したが、その日のうちに評価損を出している。それでも、前営業日と比べて510円高となったので、事情をよく知らない「遅れてきた投資家」が買いに入ったのか、19日の出来高も多い。この4日間の高値、安値などは、末尾に添付しておくが、この「真夏の怪事件」をよく研究してほしい。

3日目の20日はプラス65円の3680円で引けたが、それでも18日の高値からは325円も安い。出来高も約367万株と細っている。ストップ高の初日から大量の売り物が出たのは、なぜなのか。
誰かが仕組んだのか。
それとも、偶然が重なったのか。
あるいは、ロシュが、高値で売り逃げたのか。「真夏の怪事件」の真相は、黒いベールに包まれている。


日付け、終値、始値、高値、安値、出来高、

08月19日、 3,745.0-80.0、3,750.0、3,765.0、3,625.0、 9,510,800
08月18日、3,825.0、+510.0、4,015.0、4,015.0、3,685.0、17,517,400
08月15日、 3,315.0、0.0、3,290.0、3,345.0、3,290.0、811,600
08月14日、 3,315.0、+20.0、3,330.0、3,350.0、3,310.0 1,100,700




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
急騰直後に急落、中外薬株で投資家は騙されたのか 株式投資と市場研究の兜町通信   鈴田孝史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる